コンテンツへスキップ

大人として1着持っておくべき。喪服とお受験フォーマルスーツ

私が20代後半の時、結婚した際にそれを機に喪服を購入することにしました。
独身で実家にいた頃は、あまり喪服の出番もありませんでしたし、母と服のサイズが変わらないこともあり、母の喪服を借りていましたが結婚をして家を出るのと、仕事で付き合いのある方の葬式に参列することもあったので1着持っておけば急な不幸にも対応出来ると考えました。

母が持っていた喪服は高価なものでしたが、私は高価なものは買えないので予算は1万円を少し出るぐらい。
高くても2万円弱が良いなと思いました。
母に相談すると安いものなら、しまむらにあったよと言われたので近所のしまむらに見に行きました。
あまり期待していませんでしたが、種類も豊富で年代問わず着られるものや少しデザイン性のあるもの、更にはパンツスタイルの喪服もあり、値段も1万円以下で良いなと思いました。

少し生地は薄めな感じでしたので、冬はどうだろうと思いましたが、パッと見で安そうに見える感じはありません。
他にもアオキなど、紳士服専門店にも見に行きました。
値段はそんなに高くはありませんでしたが、私の予算内のものだと3点程ありました。
アオキの方が生地もしっかりしていたのと、なんとなく紳士服専門店で購入する方が良いと考えたので、アオキで1点、スカートタイプの喪服を購入しました。夏、冬どちらにも対応できる3点セットだったので、この1点だけでしばらくは大丈夫そうです。

服装のマナーとしては、とにかく清潔感とTPOに合った服装が出来るように心がけています。
私自身、他人の服装を見る際にほつれや服のヨレ、トップスとボトムスのテイストが合っているかなど気になってしまうので、そこは自身も着替える前に確認しています。ヒールも履きますが、ヒール部分にすれや傷がないかなど、とくに気をつけています。
ビジネスでは靴を見て、その人を判断することがあると本で読んだことがあったので意識するようになりました。メイクや髪型も服装や場所、会う人に合わせて違和感や嫌悪感を与えないように変えて工夫しています。

最近は、来年の息子のお受験用にお受験スーツを買おうとネットで色々見ています。親の面接もあるので、きちんとしなければ・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です